メガソーラーと全量買い取り制度

いわゆるメガソーラーとは、太陽光発電の発電量が10kW以上のものを指し、その発電したものを1kWh当たり42円(2012年6月18日現在)で売電する事業のことを言います。

メガソーラーを事業として考える際、まずは目安となる指針(下の図)を参考に建設費や運転維持費等の事業計画が立てられるかが大切です。

コンサルタント内容

当社では、貴社でお考えの内容をシステム部分からどのように計画したらよいか(行政はキャッシュフローを重視)から、政府への設備認定、さらには各電力会社との 協議(アポイントメント・提案・協議まで)等、実際に売電開始までトータルでサポートいたします。

また、毎年行う政府への事業報告についてもサポートいたします。

Copyright(c) since 2011 自然エネルギーシステム株式会社 All Rights Reserved.